高校生進路セミナー
外国人生徒(外国籍・外国にルーツを持つ生徒)の進学情報・相談会進学情報・相談会
 5月19日(土)、外国にルーツを持つ高校生を対象とした進路セミナーが開催され(府立外教主催)、約40名の生徒・教職員が参加しました。
 セミナーでは、最初に、大学についての説明、特別枠を含めた進学情報、これまでの卒業生の進路実績などが紹介され、参加者からは具体的な受験科目や受験資格などについての質問がだされました。また、参加した教職員からは勤務校の実績や経験も紹介され、多くの情報が共有されました。
 続いて府立高校を卒業し公立大学へ進学した先輩からの経験談があり、貴重なアドバイスを受けることができました。小学校4年生の時に中国から渡日したこの卒業生は、生活がとても苦しい中、奨学金をもらいながら進学した経験を伝え、これから大学進学を控える高校生に希望を与えました。
 続いて、大阪府地域支援人権金融公社(ヒューファイナンスおおさか)の方から進学資金の運用計画についての説明がありました。日本学生支援機構、大阪府育英会、生活福祉資金、母子寡婦福祉資金等の紹介と活用方法、そしてつなぎ資金としてヒューファイナンスからの貸付など、経済的な理由などから進学を断念しないための具体的な方策が紹介されました。
 最後に大阪府教育委員会児童生徒支援課より、各種奨学金の申し込みや実際にいつごろ奨学金を手にすることができるかなど、分かりやすく説明がありました。また、大阪府教育委員会から発行されている『夢と希望の架け橋〜奨学金制度のあれこれ』が紹介されました。
大学の特別枠
  関西圏を中心とした大学の特別枠のリストは資料コーナーにあります。
『夢と希望の架け橋〜奨学金制度のあれこれ』
  大阪府教育委員会のHPで見ることができます。『夢と希望の架け橋』へ